葉の写真を持つ人

インビザラインで歯並び矯正

歯医者の内装

歯の矯正方法の一つとしてインビザラインという方法があります。インビザラインはワイヤーを全く使用しない方法であり、マウスピースを使用して治療する方法となっています。吹田の小児歯科で採用している箇所もあり、透明なマウスピースを活用する事によって徐々に歯並びを直していく方法です。歯に装着して治療をする事が出来る上に、透明なマウスピースなので相手に気づかれにくいという特徴があります。マウスピースなので一人一人に合わせて作られています。取り外しも出来るので食事時などに取り外す事が出来るので食事時の不快感もありません。装置にも食べ物が詰まらないので清潔な口内を維持する事が可能となっています。また、成長段階などに合わせてマウスピースを作り変えるのでちょっとづつ治療する事が可能です。治療期間中も快適に過ごす事ができ、痛みや装置が外れるなどのトラブルも回避する事が出来ます。

吹田の小児歯科でも採用されている治療方法ですが治療ステップが他と異なります。最初にカウンセリングを行ない、精密審査を行ないます。精密検査の結果を受けて治療計画の説明を受けます。その後矯正治療のスタートとなります。矯正治療中も何度か診察をはさみ、マウスピースを変えながら少しづつ治療していきます。治療中のマウスピースの手入れは患者が行ないます。マウスピースの手入れ方法は簡単であり、歯磨きと同じ容量で磨きます。外側も内側も両方共弱い力でブラッシングします。マウスピースが変形する可能性もあるので弱めに磨く事が大切です。食事時や甘い飲料水を飲む時に外す事で虫歯になるリスクを下げます。専用のクリーニング剤なども用意されており、自分のやり方だけで心配であれば専用のクリーニング剤を利用して効果を高める事が出来ます。専用のケースもありますので、不潔になることが少なくなるのも特徴的です。吹田の小児歯科以外でも利用されているので地元で行われている治療方法なのかをチェックしましょう。インビザラインを活用して子供のうちから歯並びを矯正しましょう。